ブルメスター032プリメインアンプ

ブルメスター(Burmester)032プリメインアンプ ブルメスター(Burmester)032プリメインアンプ組み立て状況

032は、ブルメスター社がトップ・ライン・シリーズのパワーアンプ956MK2をベースに完成させた本格的なハイエンド仕様インテグレート・アンプです。強力な650VAのトロイダル・パワートランスと総容量90,000μFに及ぶフィルターコンデンサーからなる電源部により、170W+170W(4Ω)の大出力を実現。低インピーダンス・スピーカーでも余裕を持って大電流ドライブが可能なチャンネルあたり4個の厳選したペア・トランジスターによる2パラレル接続出力段を採用しています。

こうした最高峰プリメインアンプに相応しい電源部・パワー部はそのままに、新たに設けたフロント中央部の25mm厚真鍮ブロック削り出しシャーシーに最新のコントロール機能を実現したプリ部を収納しました。この一切の妥協を排した設計により、セパレート・アンプに匹敵する高性能を備えたブルメスターならではのインテグレート・アンプが完成しました。

ブルメスター032プリメインアンプ(裏面)
ブルメスター032プリメインアンプ裏面

ブルメスター032プリメインアンプ(裏面)
ブルメスター032プリメインアンプ入力部とスピーカー出力端子

ブルメスター032プリメインアンプ(裏面)
ブルメスター032プリメインアンプのアンバランス入出力端子
左端の「ASYM OUT」と表示があるものは「ASYM=アン・シンメトリカル=非対称・アンバランス」と言う意味です。

●驚異的なダンピング・ファクター(1800/8Ω)の達成により、スピーカーの振動板の動きを効果的に制動、クリアでハイ・スピードな再生音を実現。

●信号系にカップリング・コンデンサーを一切、使用しないピュアDCバランス・アンプ。また、ブルメスター独自のAクラス動作のXアンプ技術を入力段に採用し、高い音楽性を実現。

●シャーシおよびヒート・シンクには、すべて極厚のシルバーアノダイズ・アルミ材を使用。また、プリ部は25mm真鍮削り出しサブ・シャーシーにより効果的に輻射ノイズを追放。

●電源部およびスピーカー端子への内部配線には極太高純度銅線を使用し、ロスのない大電流供給を実現。

●信号経路に全く影響を与えない独立したDC、過熱、過電流保護回路による安全設計。

出力170W+170W(4Ω)
ダンピング・ファクター1800以上(8Ω)
入力端子バランス・ライン入力×3(CD・TUNER・AUX1)
アンバランス・ライン入力×2(TAPE・AUX2)
バランス・サラウンド入力×1
出力端子バランス・プリ出力×1
アンバランス・プリ出力×1
アンバランス・テープ出力×1
スピーカー出力端子×1・ヘッドフォン出力端子×1(φ6.35)
S/N比81dB以上
周波数特性0〜200kHz(-3dB)
ライズ・タイム1.4μS(4/8Ω)・1.9μS(1Ω)
入力感度設定範囲+/−9dB
定格消費電力550W
寸法・重量W482mm×H180mm×D482mm・30kg

最初のページに戻りますブルメスター製品の冒頭へFAQ