ブルメスター036パワーアンプ

ブルメスター(Burmester)ロゴ
036は、ブルメスター社の911MK3直系の本格的なハイエンド仕様のパワーアンプです。薄型筐体ながらブルメスターが誇る強力な電源部を備えたピュアDCバランス・アンプ回路、厳選された高音質パーツ、伝統の高精度シャーシーなど、ブルメスターが培ってきたアンプ・テクノロジーを惜しみなく投入しながらも、よりお求めやすい価格でハイ・コストパフォーマンスを実現しました。

ブルメスター036パワーアンプ
ブルメスター036パワーアンプ(フロントパネル)

ブルメスター036パワーアンプ
ブルメスター036パワーアンプ(リアパネル)

ブルメスター036パワーアンプは薄型筐体ながら、400VAのトロイダル・パワートランスと総容量88,000μFのフィルターコンデンサーからなる電源部により、170W+170W(4Ω)の大出力を実現しました。この強力な電源部により、低インピーダンス・スピーカーでも余裕を持って大電流ドライブが可能なチャンネルあたり4個の厳選したコンプリメンタリー・ペア・トランジスターによる2パラレル接続出力段を採用。驚異的なダンピング・ファクター(1800/8Ω)の達成ともあいまって、スピーカーの振動板の動きを効果的に制動し、クリアでハイ・スピードな再生音を実現しました。

信号系はカップリング・コンデンサーを一切、使用しないピュアDCバランス・アンプ構成を採用。また、ブルメスター独自のAクラス動作のXアンプ技術を入力段に採用し、高い音楽性を実現しているのと同時に、XLRバランス入力、バナナ・プラグ対応ヘビーデューティ・バインディング・ポストを装備し使いやすさも重視しています。また、オプションの専用接続ケーブルを使用してブリッジ接続したモノラルアンプとしてご使用になることも可能、この場合は300W(4Ω)の大出力モノラル・パワーアンプとしてご使用になることも可能です。

シャーシおよびヒート・シンクには、すべて極厚のシルバーアノダイズ・アルミ材を使用。優れた放熱、防振構造により安定したアンプ動作を実現。電源部およびスピーカー端子への内部配線には10平方ミリの極太高純度銅線を使用しロスのない大電流供給を実現、更には信号経路に全く影響を与えない独立したDC、過熱、過電流保護回路による安全設計を採用するなど、高音質を目指すことは当然ながら、使いやすさや安全性も高い次元で融合させた逸品。それがブルメスター036パワーアンプです。

出力 170W+170W(4Ω)・300W(4Ω・モノラルブリッジ接続)
ダンピング・ファクター 1800以上(8Ω)
S/N比 81dB以上
周波数特性 0〜200kHz(-3dB)
ライズ・タイム 1.4μS(4/8Ω)・1.9μS(1Ω)
入力感度 730mV(最大出力時)・320mV(100W/4Ω)
入力インピーダンス 1.5kΩ
寸法・重量 W482mm×H95mm×D482mm・25kg

最初のページに戻りますブルメスター製品の冒頭へFAQ