ブルメスター808mk5プリアンプ

ブルメスター(Burmester)ロゴ ブルメスターの歴史は、プリアンプに始まりました。1980年、第1号機となるプリアンプ808を完成し1982年に世に送ったのです。808は必要な基板だけを組み合わせられる世界初のモジュラー方式プリアンプでした。808Mk5は第4世代となるモデル。可変抵抗器ではなく、抵抗とスイッチによる精密な左右独立音量コントロールと正確な左右バランス。その類い稀な精度には、微細な信号の変化への応答が要求される医療用測定機器の分野で培われたブルメスターの緻密な技術が惜しみなく活かされています。

☆この製品にはシステムリモコン005が付属、他のブルメスター製対応機器の操作も可能です。
☆システムリモコン067でも、本機の操作が可能です。

ブルメスター808mk5プリアンプ

ブルメスター808mk5プリアンプの電源部 ブルメスター808mk5プリアンプの背面
808mk5プリアンプの電源部 808mk5プリアンプの背面
入力 XLRバランス入力1系統(CD)、及びRCAアンバランス入力6系統 (別売モジュールによりバランス3系統、アンバランス1系統追加可能)
出力 XLRバランス出力1系統、及びRCAアンバランス出力1系統(別売モジュールによりバランス1系統とアンバランス1系統をセットで追加可能)
本体寸法・重量 W482mm×H178mm×D482mm・23kg(ベーシックモデル、ベース・ボードを含む)
電源部寸法・重量 W482mm×H95mm×D285mm・9kg
備考 重量級ベースボード付
お断り:上記の写真の808mk5は、一部の入出力モジュールを装着した状態で撮影しております。

808mk5プリアンプの仕様について

808mk5プリアンプは完全モジュール方式のプリアンプですから、アンプ本体のみで音楽信号を入力し、出力させることが出来ません。弊社ではお客様のご使用の便を考慮し、幾つかのモジュールを装着した状態で「ベーシックモデル」として販売しております。本コンテンツ最上部に記載してある金額は「ベーシックモデル」の金額です。入力端子・出力端子がある場合でも、本機内部に入力モジュール・出力モジュールを装着していない場合は当該端子より音声信号を入力・出力させることができません。

本機に装着してあるモジュールは下記の通りで、それぞれ1基ずつ装着してあります。各モジュール名末尾の系統数はモジュール1基辺りの入力・出力数です。下記のモジュールが装着してあることで7系統のラインレベル入力(バランス1系統+アンバランス6系統)を有することとなります。

ベーシックモデルに追加可能な主なモジュールは下記の通りです。

MCフォノ入力モジュールアンバランス1系統
MMフォノ入力モジュールアンバランス1系統

最初のページに戻りますブルメスター製品の冒頭へFAQ