魅力の音を世界から 株式会社ノア
NOAH PRICE LIST
HOMECOMPANYAFTER SERVICEEVENTFAQ

  1. HOME
  2. ブランド pear audio analogue NEW
ペアー・オーディオ・アナログ社ロゴ

 pear audio analogue ペアー・オーディオ・アナログ

pear audio analogueは、イタリア共和国の隣に位置する中欧スロヴェニア共和国の首都リュブリャーナに工房を構えています。熱心なオーディオ・ファイルであり、40年来ハイファイ・オーディオ機器やターンテーブル制作に携わってきた Peter Mezek(ピーター・メゼック)により設立されました。

ピーター・メゼックは1985年に革新的な技術を使用したリニアトラッキング方式のターンテーブルを Jiri Janda(ジリ・ジャンダ)氏と共同で開発し、非常に大きな注目を集めます。以来ピーター・メゼックはアナログ・ターンテーブルの技術革新とパフォーマンスの向上のために、多くの製品とその部品やデザインの細部に至るまで研究を重ねていました。

そんな中、ピーター・メゼックに最も影響を与えたのは「ノッティンガム・アナログ・スタジオ」を創立した故・Tom Fletcher(トム・フレッチャー)氏のアナログ・ターンテーブルへの設計思想と技術アプローチでした。トム・フレッチャー氏の製品を聴いたピーター・メゼックは、他のターンテーブルでは再現できなかった素晴らしい音楽性・リアリズムに多大な感銘を受けたのです。

2005年、トム・フレッチャー氏はノッティンガム・アナログ・スタジオを退き、その後自身の設計思想を昇華させたターンテーブル“KID”シリーズを設計しました。その“KID”シリーズを実際に製造することになったのが pear audio 社であり、pear audio においてピーター・メゼックとトム・フレッチャー氏は更なる探求を続け、ターンテーブルの基本原理に戻り究極の音を完成させたのです。

トム・フレッチャー氏は2010年に逝去されましたが、アナログ再生への思い・アイデア・技術とその理念が途絶えないようピーター・メゼックにバトンが引き継がれ、シンプルさを追求したブランド理念の基、pear audio プロダクツとして新しい製品を提案し続けています。
- pear audio 基本理念 -
「最先端技術とは真逆の、原点への回帰」
「物量投入でなく、最適素材の選定とそのシンプルな組み合わせで最高のパフォーマンスを得る事」

ペアー・オーディオ アナログ・ターンテーブル ペアー・オーディオ トーンアーム
アナログ・ターンテーブル
- Robin Hood SE NEW
- Robin Hood SE / Cornet 1 NEW

トーンアーム
- Cornet 1 NEW
≫ pear audio 製品資料DL PDF(996KB)

製品サポート・アフターサービス修理料金一覧FAQ
HOME 企業情報・会社概要催事のご案内

株式会社ノア 〒112-0013 東京都文京区音羽1-1-7 正進社ホールディングスビル4階 www.noahcorporation.com