Sonus faber“トイ・シリーズ”

−伝統の技と音楽心が生む、新たな音の風合い−

ソナスファベール社ロゴ
TOY(トイ)、TOY Tower(トイタワー)、そしてTOY Center(トイセンター)。TOYシリーズのスピーカーはコンパクト・サイズながらキャビネット、ドライバー・ユニット、ネットワークなどすべての設計においてソナス・ファベール伝統の優れたスピーカー・テクノロジーの数々が惜しみなく投入されています。革張りの美しい風合いのキャビネットや、木目を生かした穏やかでほっとさせるその佇まいなど、、、。コンンパクト・スピーカーとしての使用はもちろん、生活空間に上質のサウンドを演出するスタイリッシュなプライベート・スピーカーとしてもその特長を最大限に発揮します。
ソナスファベール「トイ」シリーズ

新生TOYシリーズは、複数の仕上げをご用意しています。

※TOYシリーズは全て販売終了いたしました。

ドラスカ仕様シボのあるブラックレザーを6面に貼ってあります。従来よりソナスファベール社製スピーカーのバッフル面などに使用してあるのと同様の仕上げです。
ドラスカ仕上げはTOY、TOY Tower、TOY Centerにご用意しております。
ウッド仕様天板・底板・前後バッフル面をドラスカ仕様と同様のシボ付きブラックレザー貼り、左右側板にウォルナット板をあしらった、最もソナスファベールらしい仕上げです。
ウッド仕上げは、TOY、TOY Towerにご用意しております。
クラシコ仕様敢えてムラ有りに仕上げたビンテージ調レザーを6面に貼った仕上げで、従来のTOYシリーズでお馴染みの洒脱な風合いです。
TOYドラスカ仕様(販売終了)ウッド仕様(販売終了)
TOY Towerドラスカ仕様(販売終了)ウッド仕様(販売終了)クラシコ仕様(販売終了)
TOY Centerドラスカ仕様(販売終了)

上記の表で表示している色は、ご説明用に表示した近似色です。製品現物の正確な色を再現したものではありませんのでご注意下さい。下の写真の色見本は左・ウッド、中央・ドラスカ、右・クラシコ、です。

ソナスファベール「トイ」シリーズのカラーサンプル、左・ウッド 中央・ドラスカ 右・クラシコ

トールボーイ型“TOY Tower”とブックシェルフ型“TOY”

TOY Tower(ドラスカ仕様) TOY Tower(ウッド仕様) TOY(ウッド仕様) TOY(ドラスカ仕様)
TOY Tower(ドラスカ仕様)TOY Tower(ウッド仕様)上・TOY(ウッド仕様)/下・TOY(ドラスカ仕様)

レザーシート仕上げの強靱なキャビネット設計

MDF材を使用したエンクロージャーの側面に分厚いサイドパネルを取り付けたサンドイッチ構造とすることにより振動を効果的にダンプする強靭なキャビネットを実現しました。さらに、フロント・バッフルを傾斜させてリア・バッフルとの平行面をなくして内部定在波の発生を防ぐとともに、バッフルに隣接する側板を適度にテーパー処理をして音の回折効果も排除しました。また、バッフル面に張られたレザー・シートは、ユニット近辺の音波の反射をコントロールする重要な役割も果たしています。

いずれのスピーカーもコンパクト・サイズながらキャビネット、ドライバー・ユニット、ネットワークなどすべての設計においてソナス・ファベール伝統の優れたスピーカー・テクノロジーの数々が惜しみなく投入されています。高音質・コンパクトなスピーカーとして魅力溢れる内容もさることながら、生活空間に上質のサウンドを演出するスタイリッシュなプライベート・スピーカーとしてもその特長を最大限に発揮します。

キャビネットの仕上げはTOYとTOY Towerには黒・シボ革による総革張り仕上げの「ドラスカ(DRASKA:Black Classic Leather)と、穏やかな色合いの「ウッド(Wood)」の2種類をご用意しています。

リングラジエター付きツィーターによる優れた高域性能

TOY用ツィーター、クリックすると別画面で大きな画像をご覧いただくことができます。 ツイーターには帯域幅、指向特性ともに優れた25mm径リングラジエーター付きソフトドーム型を採用しました。 また、このツイーターの磁気回路に強力な磁力をもつネオジミウム・マグネットを使用することにより、コンパクト・スピーカーにふさわしい小型サイズの高性能ツイーターを実現しています。

デュアルウェーブ・ダイヤフラムから前面に放射される音波は、中央部のディフューザーによってコントロールされ、刺激的な音を発生する事はありません。

カスタム・メイドのウーファー・スコーカーによる滑らかな中低域特性

TOY用ウーファー、クリックすると別画面で大きな画像をご覧いただくことができます。 中低音城には、110mm径ウーファー・スコーカー、180mm径ウーファーを採用。コーンの表面には独自のダンピング材をコーティングしてコーンの分割振動を抑え、自然で分解能に優れた特性を実現し、システムの要となる中音域を生々しく再生します。また、ウーファ・ユニットのフレームは背面の開口部を大きくとった構造とし、大型磁気回路の中央部に排気孔を設けることにより、中低域のリニアリティーが大幅に向上しました。ロング・バスレフ・ポートも装備してコンパクトなサイズながらしっかりとした低域を再生します。

音質最優先のクロスオーバー・ネットワーク

TOY用ネットワーク ネットワークは、全再生帯域にわたって振幅と位相の両特性が最適となるように設計されたました。TOY Towerでは位相特性を優先させた3次フィルターのクロスオーバー周波数を400Hzと4kHzに設定し、スコーカーを中心としてツィーターとウーファーの繋がりが最も滑らかになる周波数特性を実現しました。

ネットワーク回路には磁性体歪みが原理的に発生しない空芯コイル、ポリプロピレン・フィルム・コンデンサー、物理的な強度の高いガラス・エポキシ基盤など、音質最優先のパーツを投入しました。また、TOYではクロスオーバー周波数を4kHzに、TOY Centerでは2kHzに設定し、ツィーターとウーファーの繋がりが最も滑らかになる周波数特性を実現しました(左の写真はTOY用ネットワークです)。

高音質スピーカー端子とロゴ入りクロス・グリル

TOY 入力端子、クリックすると別画面で大きな画像をご覧いただくことができます。 TOY グリル スピーカー入力端子には、金属削り出しで堅牢な、バナナ・プラグ対応のシングル・ワイヤリング高音質スピーカー端子を採用しています。この入力端子はスペードラグ・Yラグのご使用も可能です。

また、全ての製品にはウッド・フレームにクロス張りを施したグリルが付属、ソナス・ファベールのロゴがデザインされています。

センターチャンネル用“TOY Center”

TOY Center(ドラスカ仕様) トイシリーズには従来同様、ホームシアターでのご使用に欠かせないセンターチャンネル用スピーカーとして“TOY Center”をご用意しています。映画を鑑賞される際のセンターチャンネルスピーカーはセリフの定位の明確化など、重要な役割を果たすもの。「TOYクオリティ」のスピーカーとして、ホームシアターのグレードアップをお考えの方に是非お勧めいたします。
(TOY Centerはドラスカ仕様:ブラックレザー貼りのみです)

各機種の価格

※TOYシリーズは全て販売終了いたしました。

機種名仕上げ本体価格備考
TOYDraska(ドラスカ)仕上げ146,000円2本1組での金額を表示しています。
Wood(ウッド)仕上げ160,000円
TOY TowerClasico(クラシコ)仕上げ280,000円2本1組での金額を表示しています。
Draska(ドラスカ)仕上げ270,000円
Wood(ウッド)仕上げ350,000円
TOY CenterDraska(ドラスカ)仕上げ90,000円1本あたりの金額を表示しています。

各機種の規格


TOYTOY TowerTOY Center
型式2ウェイ・2スピーカー
バスレフ・ブックシェルフ型
(リアバスレフ)
3ウェイ・3スピーカー
バスレフ・フロア型
(リアバスレフ)
2ウェイ・3スピーカー
バスレフ・ブックシェルフ型
(フロントバスレフ)
ツィーター25mmソフトドーム型(リングラジエター付き・ネオジミウムマグネット使用
スコーカー
110mmコーン型
ウーファー110mmコーン型180mmコーン型110mmコーン型×2
クロスオーバー周波数4500Hz400Hz・4000Hz2000Hz
周波数特性60〜25000Hz45〜25000Hz55〜25000Hz
出力音圧レベル87dB/W/m89dB/W/m89dB/W/m
推奨アンプ出力20〜100W35〜200W20〜100W
外形寸法W180×H265×D245W215×H950×D272W540×H163×D195
重量4.7kg18.5kg7.7kg
入力端子シングル・ワイヤリング
(バナナプラグ・スペードラグ対応、ターミナルポストに直接ケーブルを挿入する事も可)
付属品フロントグリルフロントグリルフロントグリル
スパイク及びスパイク受け

トイシリーズは全機種とも防磁対応しておりません。
ブラウン管式のディスプレイやテレビからは、なるべく離して設置されるようお勧めいたします。

トイシリーズに専用スタンドは用意しておりません。また、スタンド等に固定することは出来ません。

最初のページへソナスファベール製品の冒頭へ